MENU
【スポンサーリンク】

便秘に効くツボ押し

便秘のツボは即効性もかねていますので、便秘や宿便を、できれば薬に頼らず自力で出したい人に
試してほしい方法の1つです。

 

食べたものをできるだけ早く排便するには、腸の動きを活発にすることが大切です。
食物繊維を摂ったり運動習慣をつけたりすることにプラスして、
マッサージやツボ押しで腸を刺激してみるようにしてみてください。

 

腹部を直接マッサージして直接腸に働きかける方法や、
手足のツボ、耳のツボを押すことによって働きかける方法があります。

 

一時、耳つぼマッサージが流行しましたが、耳には食欲を抑えるほかにも、
消化を促進するツボなど、たくさんのツボが集中しています。

 

耳のツボ

 

耳ツボでは、便秘点と内分泌が便秘解消に効くツボです。

お腹のツボ

腸があるお腹の部分にも、便秘に効くツボがあります。
おへそから指3本分外側の左右に「天枢」(てんすう)というツボがあり、
左右同時にお腹がへこむくらいの強さで押します。

 

お腹のツボ

 

その「天枢」から指3本文下の「大巨」(だいこ)も、便通に効果があるツボです。
また、おへその指4本分ほど下には、「関元」(かんげん)というツボがあります。
入浴中など、血行の良いときに刺激するといいでしょう。

 

ツボ押し以外に、お腹のマッサージも、腸の動きに直接働きかけるので効果が期待できます。
お腹の部分を「の」の字にマッサージする方法は、やったことがある人も多いでしょう。
民間療法ですが、腸の動きに合わせて直接マッサージができるので、即効性があるマッサージです。
「の」の字マッサージをゆっくり、10回くらい繰り返すと効果的です。
腸は朝、最も動きが活発になるので、
起床後寝たままの状態でマッサージすれば、朝のお通じに効果があります。

 

寝る前に効果的な腹部のマッサージもあります。
おへその左下部分から、左足の股関節部分に向かってマッサージしてみましょう。
この部分は、S状結腸へのマッサージになります。
この部分は便が溜まりやすい部分なので、就寝前にマッサージして、翌朝すっきり出せるといいですね。

背中のツボ

背中には、「便秘点」と呼ばれるほど便通に効果的とされるツボがあります。
肋骨の一番下から指2本分下で、背骨から指4本分外側にあるツボです。

 

背中のツボ

 

このツボを刺激しながら上体を左右にひねると、より効果的です。
腰骨の高さの、背骨から指2本分外側には、「大腸癒」(だいちょうゆ)というツボがあり、
あお向けになって指やこぶしで刺激すると効果があります。

手のツボ

手首の内側にあるシワから指5本分下の部分にある「間使」(かんし)というツボや、
手の親指の人差指の付け根の間の部分にある「合谷」(ごうこく)というツボ、
手首の関節部分の小指の下の方にある「神門」(しんもん)も便通に効果があると言われています。

 

手のツボ

 

手のツボは、トイレに座っているときに刺激するのもおすすめですが、
仕事の休憩中や、授業中や会議中とか電車やバスなどの移動時間、病院の待ち時間
入浴中やTVをみながらなど気軽に押せますね。

足のツボ

足にも便秘のツボがあります。
写真右の内くるぶしの骨から指4本分上、すねの骨の後ろのくぼみにあるのが「三陰交」(さんいんこう)
というツボです。親指をくぼみに押し当て、左右に動かすようにしてマッサージします。

 

足のツボ

 

また、ひざから指4本分下で、すねの外側にある骨のへりにあるのが「足三里」(あしさんり)です。
親指や中指でこねるように揉みましょう。

 

便秘に効果のあるツボは全身にあります。
入浴中や就寝前、起床後、また、トイレに座っているときでもツボを刺激するといいでしょう。
マッサージやツボ押しもうまく利用して、腸の動きが活性化するといいですね。

【スポンサーリンク】

関連ページ

便秘や宿便の解消に効くヨガのポーズ
宿便や便秘解消の運動にヨガがあります。とくに、太陽礼拝のどのヨガポーズが良いのか紹介しています。
宿便をマッサージで解消する方法
宿便をマッサージで解消するために効果的な方法を紹介しています。
便秘はダイエットの敵!
便秘や宿便はダイエットの敵。便秘を解消してダイエットにもつながる方法は?
便秘は腰痛に悪い
便秘と腰痛の関係について。何がどう悪いのでしょうか?