MENU
【スポンサーリンク】

宿便と便秘に効果的な運動とは

宿便や便秘の改善になる運動をご存知ですか。

 

ただ運動をすれば良いという訳でもなく、
間違った運動をするとかえって便秘を悪化させ、宿便もでにくくさせてしまいます。
それはご存知でしたか?

 

せっかく運動するのですから、宿便や便秘に限っての無駄な運動は避けたいですね。

 

これから宿便の運動を取り入れてみようと思っている方も
今まで宿便の運動を取り入れていた方も

 

方向性は間違っていないのか。見直してみるとよいでしょう。

してはいけない運動

まず、してはいけない運動についてですが、それは「激しい運動」です。

 

激しい運動には、ジョギングやマラソン、エアロビクス
それから激しく動くダンス系や激しい筋肉トレーニングが含まれます。

 

ただ、腹筋が弱いと便秘になりやすく、宿便もためやすい体質であることは確かです。
腹筋を強くすることで、改善する場合もあります。

 

腹筋を強くしたい場合は、いったん宿便と便秘が改善したタイミングで
体調に合わせて取り入れると負担が少なくすみますね。

 

 

では、なぜ激しく動くといけないのでしょうか。

 

それは、激しく動くと腸が緊張します。
激しく動くとたくさんの汗をかきますし、水分補給はするのですが、腸の中は脱水症状になりやすく、
血流が滞りやすい状態に。

 

激しい疲労は自律神経が乱れるため、腸の働きも鈍くなってしまうのです。

 

ということで、宿便や便秘に良い運動とは、激しくない運動ということになります。

激しくない運動

では、激しくない運動で、効率的に便通を改善する運動を紹介します。

 

今日からすぐに始められるのはウォーキングです。
1日15分から30分のんびりと、背筋を伸ばして、お腹に軽く力を入れて、
しっかり腕を振って歩きましょう。

 

ただ、歩きたいけど、ひざ・腰に負担がかかりやすいとか、
痛みがあるから歩けない場合には、水中ウォーキングをおススメします。

 

水中ウォーキングも宿便を改善させる運動です。

 

外で歩くのを水中に変えるだけの話で、
水中は浮力がかかることにより、ひざや腰の痛みなく歩くことが可能となります。
ひざや腰を痛めた方がリハビリに良く水中ウォーキングをされるのはこのためです。

 

水中では外で歩くよりもたくさんのカロリーも消費しますから、
ダイエット効果もよりアップします。

 

ゴルフも良いです。
18ホールを約1日かけて、かなりの距離をゆっくり歩きます。
下手な人ほど歩きます。

 

腰を何度も使うので、腸を動かすにはとてもよいです。

 

そのほか、宿便に良い運動には、ヨガ、マッサージやツボ押しなどがあります。

【スポンサーリンク】

宿便と便秘によく効く運動としてはいけない運動記事一覧

便秘にヨガがいい理由をこれから説明します。便秘を自然に解消するには、食生活を改善するのと同じくらい、運動が重要になります。なぜなら、腸の動きは食べたものによる刺激と、運動による刺激によって促されるからです。激しい運動は必要ではありませんが、毎日適度な運動を続けることで、便通の良い体を作ることができます。毎日続けることができ、便秘に効果的な運動として、ヨガが挙げられます。最近は人気のホットヨガスタジ...

宿便はマッサージでも効果を得られます。時間をかけて、お金をかけずに自分でできるところも魅力ですね。自分が届かない場所は、家族に手を借りるのも1つで、コミュニケーションのきっかけにもなります。便秘、宿便を解消するためには、食事や運動によって腸の動きを良くしておくことが大切です。腸の動きを促すためには、お腹や背中、足裏などのマッサージがとくに効果的です。大腸は、お腹の左下部分から上の方、そしてお腹の左...

便秘のツボは即効性もかねていますので、便秘や宿便を、できれば薬に頼らず自力で出したい人に試してほしい方法の1つです。食べたものをできるだけ早く排便するには、腸の動きを活発にすることが大切です。食物繊維を摂ったり運動習慣をつけたりすることにプラスして、マッサージやツボ押しで腸を刺激してみるようにしてみてください。腹部を直接マッサージして直接腸に働きかける方法や、手足のツボ、耳のツボを押すことによって...

便秘はダイエットするにあたり、とっても邪魔だとは思いませんか?そもそも便秘の人は太りやすいと言われていますが、なぜでしょう。便秘によって下腹がぽっこり出たり、身体の中に溜まっている便の重さが体重に反映されることも理由のひとつですが、それ以外にも理由があります。便秘の場合、腸の中に古い便が残ったままの宿便が多い状態になるので、新しく入ってきた食べ物が停滞しがちになり、スムーズに消化できなくなるのです...

便秘で腰痛を引き起こすことがあり、腹痛だけではありません。慢性的な便秘に加えて、腰痛も持っている人は、その腰痛が便秘によるものである可能性があります。もしくは、腰痛が原因で便秘を引き起こしている場合もあります。便秘と腰痛は相互に関係しており、密接な関わりがあるのです。便秘によって腰痛が起こるのには、血行が関係しています。。まず、慢性的な便秘によって、お腹が膨張し張った状態が続くと、腹部の周辺の血管...