MENU
【スポンサーリンク】

幼児の便秘はこう治す

小さな子供、生まれたばかりの赤ちゃんなど幼児も便秘はあります。
便秘は大人だけでの問題ではありません。

 

生まれたばかりの新生児は母乳やミルクから栄養を摂っており、
便は大人に比べるととても柔らかく水分を多く含んでおり、水分不足には陥りにくくなっています。

 

しかし便を出すための筋力が少ないため、便秘を起こす赤ちゃんもいます。
新生児は基本的1日1回以上排便があるのが普通です。

 

1日以上排便がない場合は便秘と判断していいでしょう。
赤ちゃんが便秘になると、お腹が張ったり機嫌が悪くなったり、お乳を吐くこともあります。

 

何をやっても赤ちゃんの機嫌が直らない場合、便秘で苦しくて泣いていることもあります。
生後数か月のうちは、いつ排便があったか毎日記録しておくといいでしょう。

 

赤ちゃんの便がなかなか出ない場合、うまく排便できず、直腸付近に便が溜まっていることがあります。
これには綿棒浣腸が効果的です。

 

細い子供用の綿棒に、オリーブオイルやベビーオイルを塗って滑りをよくし、
肛門から1pくらい入れて刺激してあげましょう。

 

それでも出ない場合は、小児科を受診すれば浣腸などを施されます。
便秘を言葉で訴えることができない赤ちゃんのサインを見逃さないようにしたいですね。

 

赤ちゃんは生後5、6か月で離乳食を始めます。
これまで母乳やミルクしか口にしたことがなかった赤ちゃんが初めて食事をすると、
消化の機能が追い付かず、便秘になってしまうことがあります。

 

この場合も、1日1回便が出ているかどうかを目安にしましょう。
便秘がちのようなら、離乳食の他に母乳やミルク、お茶などで水分を摂れるように気を付けます。

 

離乳食の内容を改善することによっても、便秘を防ぐことはできます。
イモやかぼちゃなど、食物繊維が多い食材を積極的に使って離乳食を作ってみましょう。

 

プレーンヨーグルトも離乳食によく使われる食材ですが、腸内環境を整え排便を促し働きがあるので、
積極的に使うと便秘の予防になります。
お腹が張って苦しそうなときは、お腹を「の」の字にゆっくりさするマッサージをしてあげるのも効果的です。

幼児の便秘の原因

幼児にも便秘が増えていて、大きな原因となっているのは偏食です。

 

肉は好きだけれど、野菜は食べないという子供は多いですが、そのような食生活を続けていると、
当然便秘になりやすくなります。

 

子供の偏食をなくすのはなかなか大変ですが、食物繊維をできるだけ多く摂れるように工夫したいですね。

 

おやつに、スナック菓子の代わりに
サツマイモや果物のように食物繊維を多く含んだものを食べさせるのもいいでしょう。

 

最近ブームのグリーンスムージーも、入れる野菜や果物によっては子供に飲みやすいものもあります。

 

朝食に野菜や果物の生絞りジュースをプラスするのも、気軽に食物繊維を摂るひとつの方法です。
また、子供の運動不足も便秘の原因になります。
思い切り体を動かして遊べる環境を作ってあげるのは、子供のお通じにも良い影響を与えます。

 

わかっていてもそれを継続するのは難しいですよね。
なので、負担を軽減しつつ、便秘も解消したい場合には、カイテキオリゴカイテキオリゴ便秘がおすすめです。

 

赤ちゃん、幼児、妊婦さん、ご高齢の方も安心して飲める、善玉菌を増やすオリゴ糖食品です。

 

小さな子供の便秘に気づいてあげられるのは、お父さんやお母さんです。
子供の便が毎日出ているか把握しておきましょう。

 

そして便秘や宿便に気づいたら、できる範囲の食生活で気を使いながら、
カイテキオリゴのような食品も賢く取り入れていくと、ストレスもすくなくすみますし、
産後も母親は便秘になりやすいので、一緒に食べて、一緒に解消すれば一石二鳥ですね!

【スポンサーリンク】

関連ページ

宿便は嘘ではなく存在します!
宿便は嘘?膨大広告やイメージ戦略によって、宿便の正しい理解ができていないだけです。本当の宿便の意味をわかりやすく説明しています。
便秘と宿便には違いがあります。
宿便と便秘は違います。どのように違うのか、どうすれば解消できるのかについて紹介しています。
宿便の色って何色なの?
宿便の色は体からのメッセージ。良い体調、不調では便の色が変わってきます。便の色とその理由についてご説明します。
宿便を効率的に解消させる方法
宿便を一時的にではなく、根本から解消させる効率の良い方法を紹介しています。
断食をすると宿便はとれるの?
断食をするとなぜ、宿便が取れるのか。断食の効果は医学的にも根拠があるもので、詳しく説明しています。
宿便を腸内洗浄で取るリスクとは?
宿便を出す方法の1つである腸内洗浄とは何か。リスクも含めて知っておくこと。
宿便の薬との付き合い方
宿便の薬を使うリスクと上手くつきあう方法について紹介。
宿便や便秘解消に下剤を使うのはよくない!?
宿便や便秘で下剤を常用すると、どう危険なのか、わかりやすく説明しています。
便秘解消法の口コミ
宿便や便秘をどう解消したのか、アンケートをお願いしました。
ビオフェルミンの便秘薬は常用して大丈夫?
宿便や便秘を解消するためのビオフェルミンとの付き合い方について。
妊娠中の便秘を治すには
妊娠中に便秘になりやすい原因は何か、解決法について。
産後の便秘を治すには
産後の便秘の原因は何か、解消法について。
ストレスで便秘になるのはどうして?
ストレスで便秘になるのはなぜか、改善する方法について。