MENU
【スポンサーリンク】

ストレスで便秘になる理由

精神的なストレスで便秘になるのはなぜでしょう。

 

ストレスを感じると、下痢になったり、胃が痛くなったりする人も多いはずですが、便秘になることもあります。
便秘の原因にはいろいろなものがあります。
食生活の乱れや運動不足、水分不足などが考えられますが、大きな原因のひとつとしてストレスも考えられます。

 

ストレスによって精神が不安定になると、自律神経のバランスが崩れ、正常に働かなくなります。。
自律神経とは、心臓を動かしたり汗をかいたり、自分の意思ではコントロールできない、
無意識の生命の活動を司っている神経です。

 

腸の蠕動(ぜんどう)運動もそのうちのひとつで、自律神経によってコントロールされています。
つまり、排便も自律神経によってコントロールされているので、そのバランスを乱すことは、排便もしづらくなるのです。

 

自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があります。
正常な状態ではこの2つがバランスよく働き、体をコントロールしています。

 

2つのうち、副交感神経が働くと、
体がリラックスした状態になり、腸の蠕動運動も正常に働き、きちんと排便できます。

 

しかしストレスによってこのバランスが乱れ、交感神経の働きが過度に活発になると、
腸の働きも乱れ、排便が難しくなってしまいます。

環境変化のストレス便秘

旅行や引っ越しなどで生活環境が変わると便秘になった経験がある人は多いはずです。

 

これは、環境の変化に心身がストレスを感じ、自律神経が乱れたからだと考えられます。
また、神経質な人やイライラしやすい人も、
自律神経のバランスが乱れややすく、便秘がちであることが多いですね。

 

ストレスによる便秘を防ぐためには、ストレスを感じない生活を心がけ、自律神経を安定させなけれななりません。
ストレスを感じない生活を送るのはなかなか難しいことですが、実践しやすいことから試してみましょう。

 

例えば、1日1回お風呂にゆっくりと入るだけでも自律神経を安定させることができます。
体温を高めて腸の動きをよくする効果もあるので、
シャワーですませがちな人は、湯船につかる習慣を作ってみてはどうでしょう。

 

ウォーキングやストレッチなど適度な運動を生活に取り入れるのもおすすめです。
運動はストレス発散になり、また、腸を刺激して排便を促します。

 

睡眠不足や生活リズムの乱れも自律神経を乱す原因になるので、
決まった時間に寝て決まった時間に起きる生活を続けてみましょう。

 

腸は朝活発に動きます。朝起きてトイレに座る時間を作れば、便秘解消に効果的です。
ストレスを解消して腸の動きを活発にすることで、便秘体質から抜け出しましょう。

【スポンサーリンク】

関連ページ

宿便は嘘ではなく存在します!
宿便は嘘?膨大広告やイメージ戦略によって、宿便の正しい理解ができていないだけです。本当の宿便の意味をわかりやすく説明しています。
便秘と宿便には違いがあります。
宿便と便秘は違います。どのように違うのか、どうすれば解消できるのかについて紹介しています。
宿便の色って何色なの?
宿便の色は体からのメッセージ。良い体調、不調では便の色が変わってきます。便の色とその理由についてご説明します。
宿便を効率的に解消させる方法
宿便を一時的にではなく、根本から解消させる効率の良い方法を紹介しています。
断食をすると宿便はとれるの?
断食をするとなぜ、宿便が取れるのか。断食の効果は医学的にも根拠があるもので、詳しく説明しています。
宿便を腸内洗浄で取るリスクとは?
宿便を出す方法の1つである腸内洗浄とは何か。リスクも含めて知っておくこと。
宿便の薬との付き合い方
宿便の薬を使うリスクと上手くつきあう方法について紹介。
宿便や便秘解消に下剤を使うのはよくない!?
宿便や便秘で下剤を常用すると、どう危険なのか、わかりやすく説明しています。
便秘解消法の口コミ
宿便や便秘をどう解消したのか、アンケートをお願いしました。
ビオフェルミンの便秘薬は常用して大丈夫?
宿便や便秘を解消するためのビオフェルミンとの付き合い方について。
妊娠中の便秘を治すには
妊娠中に便秘になりやすい原因は何か、解決法について。
産後の便秘を治すには
産後の便秘の原因は何か、解消法について。
幼児の便秘を治すには
赤ちゃん、幼児、子供の便秘の原因は何か、治し方について。