MENU
【スポンサーリンク】

妊娠中の便秘はこう治す

なぜ妊娠中 便秘しやすくなるのでしょうか。

 

これまで便秘に無縁だった人でも、
妊娠すると便秘に悩まされるようになったということは多くあります。
つわりや貧血、むくみなどと並んで、便秘は多くの妊婦を悩ませており、宿便も溜まってしまって、
産科で便秘薬を処方される人も多くいます。

 

ひとつはホルモンバランスの乱れが考えられます。
妊娠中は女性ホルモンのひとつである「黄体ホルモン」が多く分泌されます。
このホルモンの影響によって、腸を動かす筋肉の収縮機能が低下し、
腸の動きが悪くなることで便秘を起こしてしまいます。

 

それだけではなく、便を肛門へと送り出す働きをする
平滑筋という筋肉の収縮機能も急に低下するため、消化管の運動も弱まるのです。

 

また、子宮が大きくなり、胃や腸を圧迫してしまうのも原因のひとつです。
子宮は週を追うごとに大きくなり、胃腸を圧迫します。

 

妊娠後期になると胃が圧迫されすぎて、
後期つわりと呼ばれる食欲不振や吐き気に悩まされる妊婦もいるほどです。

 

腸が子宮によって圧迫されると、
腸管がせまくなり、便の通り道が塞がれてしまうことで便秘を起こします。

 

また、つわりによる食欲不振やおう吐で、体内の水分が不足してしまうことも便秘の原因になります。

 

水分の少ないコロコロの便が出る場合は、水分不足です。
水を飲んでも吐いてしまうほどのつわりの場合は、入院して点滴で治療する場合もあるので、
産科を受診しましょう。

 

妊娠中期から後期になり赤ちゃんの体重が増すと、つわりは改善しますが、
同時にへその緒から赤ちゃんに移る水分や栄養分が多くなります。

 

より多くの水分が赤ちゃんに移行するので、
妊婦は通常よりも多く水分摂取することが必要になります。
1日1.5〜2リットルを目安に水分を摂りましょう。

 

水やお茶だけでは多く水分が摂りづらいという人は、
味噌汁やスープなど、毎食の献立に汁ものを取り入れて水分を補うといいでしょう。

 

妊娠中の運動不足も便秘の一因です。
初期のつわりや、お腹が大きくなってくるにつれて動きにくくなると、運動不足になりがちです。

 

お腹が張らない程度の、軽い運動を毎日続けられると、体重管理にもなり、腸への刺激にもなります。

 

妊娠中の便秘を改善するには、まず十分な水分摂取と適度な運動を心がけましょう。
食物繊維をしっかり摂って、腸内環境を整えることも大切です。

 

腹部や背中のマッサージによって腸の動きを促すのも効果的です。
どうしても改善せず、苦しい場合は処方してもらった薬や、整腸剤を利用しましょう。

 

市販の下剤や浣腸を自己判断で使うと腹痛や下痢を起こすことがあります。

 

下痢などで腸が過度に動くと、子宮の収縮も誘発してしまうことがあるので、
薬を使う場合はまず主治医に相談しましょう。

【スポンサーリンク】

関連ページ

宿便は嘘ではなく存在します!
宿便は嘘?膨大広告やイメージ戦略によって、宿便の正しい理解ができていないだけです。本当の宿便の意味をわかりやすく説明しています。
便秘と宿便には違いがあります。
宿便と便秘は違います。どのように違うのか、どうすれば解消できるのかについて紹介しています。
宿便の色って何色なの?
宿便の色は体からのメッセージ。良い体調、不調では便の色が変わってきます。便の色とその理由についてご説明します。
宿便を効率的に解消させる方法
宿便を一時的にではなく、根本から解消させる効率の良い方法を紹介しています。
断食をすると宿便はとれるの?
断食をするとなぜ、宿便が取れるのか。断食の効果は医学的にも根拠があるもので、詳しく説明しています。
宿便を腸内洗浄で取るリスクとは?
宿便を出す方法の1つである腸内洗浄とは何か。リスクも含めて知っておくこと。
宿便の薬との付き合い方
宿便の薬を使うリスクと上手くつきあう方法について紹介。
宿便や便秘解消に下剤を使うのはよくない!?
宿便や便秘で下剤を常用すると、どう危険なのか、わかりやすく説明しています。
便秘解消法の口コミ
宿便や便秘をどう解消したのか、アンケートをお願いしました。
ビオフェルミンの便秘薬は常用して大丈夫?
宿便や便秘を解消するためのビオフェルミンとの付き合い方について。
産後の便秘を治すには
産後の便秘の原因は何か、解消法について。
幼児の便秘を治すには
赤ちゃん、幼児、子供の便秘の原因は何か、治し方について。
ストレスで便秘になるのはどうして?
ストレスで便秘になるのはなぜか、改善する方法について。