MENU
【スポンサーリンク】

宿便の薬は常用すると大腸が長く伸びてしまう!

宿便の薬は便秘がちの人、何日も前の宿便がお腹に溜まった状態が続き、
お腹の張りや痛みを感じて辛い人にとっては救世主に思えてしまいますね。

 

この辛い状態を一刻も早く改善するために、便秘薬や、漢方、浣腸、下剤、
便秘に効くとされるセンナ茶などが手放せない人もいるかもしれません。

 

中には、便秘薬を飲まなければ便が出ないという人もいるほどです。
また、最近はダイエットのひとつとして、薬やお茶、
サプリメントを利用して宿便を排出し、体重を減らす方法も紹介されています。

 

便秘の症状がない人でも、ダイエットのために薬を使って無理に排便を促すことがあるのです。

 

しかし、このように宿便を解消するために薬を使うことは、実は悪循環を引き起こすことなのです。

 

普段から、宿便や便秘にならない努力をし、
それでも「お手上げ」というときに、単発的に薬を使うことが上手に付き合う方法で、
長期乱用するものではありません。

 

長年薬に頼りきっていたり、逆に便秘を放置すると大腸が長くなってしまうことを知っていますか。

 

便秘も大腸が長くなること自体も病気ではありませんが、大腸が長い分、
滞留便つまり宿便が溜まりやすい状態を作り出してしまうからなのです。

 

また齢をとると、老化現象の一環として大腸が長く伸びてしまうともいいます。

 

薬に頼りすぎると、大腸が筋肉を使うのをサボるようになり
自力で排出する力が、どんどん弱くなって緩んでいくので、悪循環にはまってしまいます。

 

大腸が長くなったことで、宿便が滞留しやすくなるとともに悪玉菌を増やすための環境が整ってしまっています。
大病へとつながっていく原因にもなるので薬の常用は早く卒業できるように手を打ちましょう。

 

ひとまずは、自然に近いお通じを体感できる便秘薬にトランジットなどを活用するのもオススメ。
 
最終的には便秘薬を使わずに自然のリズムを体が覚えることができるように導いてくれるものです。

健康な腸って?

人が食べ物を食べると、胃腸はその刺激で波打つように動き始めます。(仕事を始めます)
これを蠕動(ぜんどう)運動と言います。

 

この蠕動運動によって、
食べた物が消化されながら肛門へと向かっていき、排便されます。

 

胃腸の蠕動運動は、食べ物が入ってきた刺激や水分が入ってきた刺激、
また、運動による刺激によって始まります。

 

特に、食物繊維が多い食べ物を食べた後や水分を多く摂った後は
腸がよく刺激され、蠕動運動も活発になります。

 

便秘の解消に食物繊維や水分を多く摂ると良いとされるのはこのためです。

 

このように、食べ物や水分、運動による刺激によって蠕動運動を促すのが理想ですが、
便秘がちの人は腸の反射が鈍くなっているため、
食べ物の刺激だけでは腸がうまく動かなくなっている状態に陥っています。

 

そこで、便秘薬に頼ってしまう人が多いでしょう。

便秘薬を飲むと宿便がでる理由

便秘薬を飲むとなぜ宿便が出るのでしょうか。

 

腸により強い刺激を与えて蠕動運動を活発にさせるため、便秘薬には刺激成分が含まれています。

 

薬の成分によって刺激を与え、腸を無理に動かして便を排出させているのです。

 

しかし、この刺激成分によって起こる腸の動きは、普通の蠕動運動とは少し違います。
薬の成分によって刺激された腸は痙攣(けいれん)したように動くのです。

 

便秘薬を飲んだ後はお腹が痛くなりトイレから離れられなくなったり、
下痢のような便が出たりすることがありますね。

 

これは、薬の刺激成分によって腸が異常な痙攣状態になっているからなのです。
食べ物によって自然に刺激された腸の動きとは、違う状態です。

 

便秘の解消に使われる漢方やセンナ茶などにも同じことが言えます。
薬よりは刺激が緩和されていますが、腸に強い刺激を与えて痙攣させ、排便させています。

 

さらに、便秘薬や便秘解消のための漢方などをずっと飲んでいると、
腸がその刺激に慣れてしまい、その量を増やさなければ効果を実感しにくくなります。

 

便秘薬や漢方センナ茶などは、便秘の体質を改善するものではなく、刺激によって腸を不自然に動かし
その時、溜まっている宿便を排出するためだけの一時的に解消できるものであって
根本的な改善ではありません。

 

つまり、一時的には良いですが、長期的には良くないということです。

 

便秘の解消のためにいつでも薬を服用していると、腸が楽を覚え、どんどん蠕動運動が鈍感になり、
仕事をサボるクセがついてしまい、自力で便を排出できない体になってしまうのです。

 

長期服用することで、大腸の中が黒くなる大腸メラノーシスになってしまいます。
大腸メラノーシスを簡単に説明すると、大腸全体の機能が低下し、大腸がんのリスクを高めるのです。

 

ここまで悪化すると、もう自力では排便することが難しく、薬なしでは生きていけない体となります。
大腸ガンが発癌しやすくなるからと、やめることもできず、後戻りできなくなります。

 

ということから、このように、便秘薬は服用後の排便は促しますが、
腸の働きを改善して根本的に便秘を解消する薬ではありません。

 

長く服用することで、ますます腸の働きを悪くするという、悪循環を引き起こすものなのです。

【スポンサーリンク】

関連ページ

宿便は嘘ではなく存在します!
宿便は嘘?膨大広告やイメージ戦略によって、宿便の正しい理解ができていないだけです。本当の宿便の意味をわかりやすく説明しています。
便秘と宿便には違いがあります。
宿便と便秘は違います。どのように違うのか、どうすれば解消できるのかについて紹介しています。
宿便の色って何色なの?
宿便の色は体からのメッセージ。良い体調、不調では便の色が変わってきます。便の色とその理由についてご説明します。
宿便を効率的に解消させる方法
宿便を一時的にではなく、根本から解消させる効率の良い方法を紹介しています。
断食をすると宿便はとれるの?
断食をするとなぜ、宿便が取れるのか。断食の効果は医学的にも根拠があるもので、詳しく説明しています。
宿便を腸内洗浄で取るリスクとは?
宿便を出す方法の1つである腸内洗浄とは何か。リスクも含めて知っておくこと。
宿便や便秘解消に下剤を使うのはよくない!?
宿便や便秘で下剤を常用すると、どう危険なのか、わかりやすく説明しています。
便秘解消法の口コミ
宿便や便秘をどう解消したのか、アンケートをお願いしました。
ビオフェルミンの便秘薬は常用して大丈夫?
宿便や便秘を解消するためのビオフェルミンとの付き合い方について。
妊娠中の便秘を治すには
妊娠中に便秘になりやすい原因は何か、解決法について。
産後の便秘を治すには
産後の便秘の原因は何か、解消法について。
幼児の便秘を治すには
赤ちゃん、幼児、子供の便秘の原因は何か、治し方について。
ストレスで便秘になるのはどうして?
ストレスで便秘になるのはなぜか、改善する方法について。