MENU
【スポンサーリンク】

宿便の色について

あなたの今の宿便の色は何色ですか?

 

便の形や色、臭いは、自分の体調を見るひとつのバロメーターになります。
健康体で、普通に便が出ている場合、便の色は黄土色や茶色です。

 

また、食べた物がすぐに排便された場合は、臭いもさほどきつくないものです。
黄土色以外の色の便が出た場合は、体に不調がある可能性があります。

 

赤色の便は、大腸や肛門から出血している可能性があります。
痔や肛門の傷による出血の場合もありますが、便そのものが赤色であったり、
便に血がまだらのように混ざっている場合は大腸からの出血の可能性があります。

 

緑色の便は、食中毒や急性腸炎である可能性があります。
腸が炎症を起こすと、胆汁が酸化して緑色の便になります。

 

白色の便は、栄養不足や、ウイルス感染によるものが考えられます。
感染性胃腸炎のロタウィルスの場合は、便が白くなるのがひとつの症状です。
普通の便が黄土色なのは、胆汁によるものです。
なので胆汁がうまく分泌されていない場合も、便が白くなることがあります。

黒い宿便について

黒い便は、腸に長い間溜まって腐敗している便です。
腐敗しているため、臭いもきつくなります。

 

肉や魚など動物性の物ばかりを食べた場合は便が腐敗しやすいため、
翌日でも便が黒く、臭いが強い便になることが多くなります。

 

胃や腸に潰瘍(かいよう)ができると出血するのですが、その血液が酸化している可能性もあります。
また、腸の老廃物が多く含まれている便も黒くなります。

 

宿便が黒いと言われるのは、このためです。
長い間排出されずに腸内に留まったままの宿便は、腐敗し黒くなっているのです。
動物性の食べ物を多く食べた後は、宿便になる可能性が高くなります。

 

断食をしたときに出る宿便は黒いと言われています。
これは、食べた物による便ではなく、
腸の壁などの古い細胞が剥がれ落ちたものが黒い便として排出されているものと考えられます。

 

腸内の組織は数日で剥がれ落ち、生まれ変わっています。

 

普通これらは食べた物の消化物と混ざって排便されますが、
断食して食べた内容物がない場合は、細胞の死骸のみが排便されることになります。
だから断食後の便は黒いことが多いのです。

 

このように、便の色は体内の状態を知るひとつの判断材料になります。
異常な色の便が続く場合は放っておかず、受診することも大切です。

【スポンサーリンク】

関連ページ

宿便は嘘ではなく存在します!
宿便は嘘?膨大広告やイメージ戦略によって、宿便の正しい理解ができていないだけです。本当の宿便の意味をわかりやすく説明しています。
便秘と宿便には違いがあります。
宿便と便秘は違います。どのように違うのか、どうすれば解消できるのかについて紹介しています。
宿便を効率的に解消させる方法
宿便を一時的にではなく、根本から解消させる効率の良い方法を紹介しています。
断食をすると宿便はとれるの?
断食をするとなぜ、宿便が取れるのか。断食の効果は医学的にも根拠があるもので、詳しく説明しています。
宿便を腸内洗浄で取るリスクとは?
宿便を出す方法の1つである腸内洗浄とは何か。リスクも含めて知っておくこと。
宿便の薬との付き合い方
宿便の薬を使うリスクと上手くつきあう方法について紹介。
宿便や便秘解消に下剤を使うのはよくない!?
宿便や便秘で下剤を常用すると、どう危険なのか、わかりやすく説明しています。
便秘解消法の口コミ
宿便や便秘をどう解消したのか、アンケートをお願いしました。
ビオフェルミンの便秘薬は常用して大丈夫?
宿便や便秘を解消するためのビオフェルミンとの付き合い方について。
妊娠中の便秘を治すには
妊娠中に便秘になりやすい原因は何か、解決法について。
産後の便秘を治すには
産後の便秘の原因は何か、解消法について。
幼児の便秘を治すには
赤ちゃん、幼児、子供の便秘の原因は何か、治し方について。
ストレスで便秘になるのはどうして?
ストレスで便秘になるのはなぜか、改善する方法について。