MENU
【スポンサーリンク】

便秘解消法のアンケート

便秘解消法は人それぞれですが、解消した人はどのように意識しているか、
自分との違いは何か、自分にはどんなことが足りないのか、を意識しながら読んでみてください。

 

私は30代になるまでは、便秘とは無縁の体で、どちらかと言えば、お腹を良く下す方でした。
しかし加齢に伴い生活が変わるにつれて、便秘になっていきました。

 

それでは体に良くないと思ったので、
人から話を聞き、自分で調べるなどして以下の方法を試すことにしました。

 

まず、水分を摂ることです。

 

人間の便の理想的な水分の量は、7〜8割と言われています。
水分が足りない便は、形状がコロコロであり非常に出しにくいものです。

 

成人が食事以外で一日に飲まなければいけない飲料水の量は、1.5?以上と言われています。

 

水分を摂るのは面倒くさいと思われるかもしれませんが、便の事だけではなく体にも必要ですので、
出来る限り摂ることを心がけましょう。

 

また、私は水分も冷たいものではなく、温かいものを摂るようにしています。
冷たいものだと体温を下げるからです。
体温が下がると体の活動も緩慢になってしまい、腸も動きにくくなります。

 

特に暑い夏には冷たいものを摂りがちですが、一日に一回は熱いお茶を飲むようにしています。

 

次に、毎日ヨーグルトなど乳酸菌が入った食べ物を食べるようにしていることです。
実は小さいころから毎日ヨーグルトを食べています。これは親に感謝すべきことなのかもしれません。

 

また、私はヨーグルトを作る会社に以前働いていました。
その経験から言えば、「人にはそれぞれ自分に合った乳酸菌がある」ということです。

 

乳酸菌には色々な種類があります。
ヨーグルトのパッケージを見ればわかると思いますが、色々なアルファベットと数字が並んでいて、
それが乳酸菌の名前です。

 

自分に合った乳酸菌が入っている食べ物を摂取すると、
他の物を食べるのとは比べ物にならないくらい便通が良くなるということです。

 

 

世間では様々な乳酸菌があるので、自分に合うものを探すのは大変かも知れません。
ですが、どの乳酸菌でも便通が良くなる機能はもっているので、食べないよりはいいと考えます。

 

ヨーグルトが嫌いな方は、
チーズと納豆や漬物にも乳酸菌が入っているのでそちらの方を試してみるといいでしょう。

 

便秘の解消には、適度な運動も欠かせません。
昔は運動部に所属していたので、よく運動していました。

 

今はほとんどしていないので、便秘になっているのではないかと思います。
個人的な経験だけで言うのは恐縮ですが、運動すれば体が温まり、体全体の活動も多くなり、
腸の活動も少しは多くなってくるのではと思います。

 

普段運動する機会のない方でも、
エレベーターやエスカレーターに乗っているのを階段の昇り降りに変えるなど方法はいくらでもあると考えます。

 

以上、自分自身の便秘解消法を書きましたが、結構ありきたりな方法だったように思います。

 

他に効果的な方法があれば教えてほしいくらいですが、これで多少はひどい便秘から免れているので、
ある程度有効な方法なのではないかと思います。

 

このように普段の食生活や適度な運動をいろいろと取り入れることで
便秘や宿便は改善されやすいものなのです。

 

ですが、人生は長いですから、ときに楽したいと思うときってありますね。

 

そんなときは、薬ではなく、宿便や便秘に良いとされるサプリメントなどを取り入れてみて
便秘や宿便を解消していけばよいのではないかと思います。

【スポンサーリンク】

関連ページ

宿便は嘘ではなく存在します!
宿便は嘘?膨大広告やイメージ戦略によって、宿便の正しい理解ができていないだけです。本当の宿便の意味をわかりやすく説明しています。
便秘と宿便には違いがあります。
宿便と便秘は違います。どのように違うのか、どうすれば解消できるのかについて紹介しています。
宿便の色って何色なの?
宿便の色は体からのメッセージ。良い体調、不調では便の色が変わってきます。便の色とその理由についてご説明します。
宿便を効率的に解消させる方法
宿便を一時的にではなく、根本から解消させる効率の良い方法を紹介しています。
断食をすると宿便はとれるの?
断食をするとなぜ、宿便が取れるのか。断食の効果は医学的にも根拠があるもので、詳しく説明しています。
宿便を腸内洗浄で取るリスクとは?
宿便を出す方法の1つである腸内洗浄とは何か。リスクも含めて知っておくこと。
宿便の薬との付き合い方
宿便の薬を使うリスクと上手くつきあう方法について紹介。
宿便や便秘解消に下剤を使うのはよくない!?
宿便や便秘で下剤を常用すると、どう危険なのか、わかりやすく説明しています。
ビオフェルミンの便秘薬は常用して大丈夫?
宿便や便秘を解消するためのビオフェルミンとの付き合い方について。
妊娠中の便秘を治すには
妊娠中に便秘になりやすい原因は何か、解決法について。
産後の便秘を治すには
産後の便秘の原因は何か、解消法について。
幼児の便秘を治すには
赤ちゃん、幼児、子供の便秘の原因は何か、治し方について。
ストレスで便秘になるのはどうして?
ストレスで便秘になるのはなぜか、改善する方法について。