MENU
【スポンサーリンク】

宿便を出すには?

宿便を出すには、いろいろな方法があります。
まずは、どんな方法があるのかという、全体像を知って欲しいと思います。

 

手軽に手をつけやすく努力を必要としない便秘薬、つまり下剤などは気軽に手に入り、便もすぐに出ますが、
下痢や腹痛などの副作用があり、飲み続けると下剤に体が慣れてしまいます。

 

そうすると、どんどん強い薬に上げていかないと効かなくなっていきます。
薬は強いものほど、副作用の内容も変わってきます。

 

そこまでいくと薬に依存しなければ便がでない体になってしまい、根本的な解消法にはなりません。

 

宿便は、薬に頼らなくても、普段の食事や運動習慣によって出すことができます。

 

宿便を溜めやすい人は、運動不足であることが多いです。
腸が便を出すための蠕動(ぜんどう)運動は、食事や運動によって促されます。
ウォーキングなどの軽い運動でも、続けることで腸に刺激を与え、蠕動運動を促進します。

 

運動を習慣づけると、体温を高く保つこともできます。
最近は体温が36℃を下回る低体温の人が増えていますが、
低体温の場合は胃腸や消化の機能が低下し、便を排出させにくい体になっています。

 

体温を高く保つことで、腸の動きもより活発になります。
砂糖の摂りすぎや、冷たい物の食べ過ぎ、飲みすぎも腸を冷やす原因になるので、
排便しやすい体作りのためにも、これらは控えましょう。

 

便秘解消に食物繊維が効果的だとよく聞きますね。
食物繊維は、腸まで消化されない状態で届き、小腸の中で腸内環境を整えたり、
腸内を掃除しながら便に混ざって排出されます。
便の量も食物繊維の分増えるので、より排便しやすくなります。

 

便秘には種類があって、便秘の種類を把握できていないと食物繊維を摂っても、
うまく宿便がでなかったり、便秘解消の効果を望むことはできません。

 

自分は、どの部類の便秘なのかを知ってから、それに合った改善案を是非取り入れてみてください。

【スポンサーリンク】

宿便を出すには?解消する方法記事一覧

宿便は嘘?という声が一部でありますが、宿便は存在します。ただ、宿便と言うと、腸の壁に便がべっとりとへばりついているのをイメージするかもしれませんが、そうではありません。膨大広告などの大げさすぎるイメージによって間違った認識をここで、捨てて欲しいと思います。最初のページでも説明していますが、本来の宿便の正体は、腸の中に長く留まったままの便のことで、別の呼び方で滞留弁といわれます。食べた物は24時間〜...

便秘と宿便、どちも体の中に便が残ったままの状態ですが、実はこのふたつの状態には違いがあります。宿便=便秘ではないのです。それでは、このふたつはどのように違うのでしょうか。違いを知って、自分の体は便秘の状態なのか、宿便の状態なのか、確かめてみましょう。宿便は、滞留便とも言われることがあるように、お腹の中に便が残っていることを言います。それに対して便秘は、便を排出できない、または排出しづらい状態のこと...

あなたの今の宿便の色は何色ですか?便の形や色、臭いは、自分の体調を見るひとつのバロメーターになります。健康体で、普通に便が出ている場合、便の色は黄土色や茶色です。また、食べた物がすぐに排便された場合は、臭いもさほどきつくないものです。黄土色以外の色の便が出た場合は、体に不調がある可能性があります。赤色の便は、大腸や肛門から出血している可能性があります。痔や肛門の傷による出血の場合もありますが、便そ...

便秘の人はお腹が張ったりして、お腹の中に便が残っている状態、つまり宿便を自覚していると思います。宿便の解消方法を学び、効率的に改善することで悩みを一つ減らすことができるでしょう。お腹が痛んだり、膨張感があって下腹が出たり、不快感があったり、イライラして辛い症状ですね。実は、便秘の自覚症状がない人にも、少なからず宿便はあります。食べた物は、その全てが2日以内に消化され、排便されるのが理想です。しかし...

断食で宿便を取る目的のほかに、ダイエットやデトックスのためにプチ断食をする人もいます。断食の期間はさまざまですが、初心者が成功しやすい期間として1日〜3日ほど食事を摂らないことで、体重を減らしたり体内の毒素を出すことを目指すものですが、その効果は医学的に証明されているものではありませんが、根拠はあると言われています。そもそも、宿便とはどのようなものでしょう。腸の壁にこびりつくように固まったものを宿...

宿便を綺麗に取り除く方法のひとつとして、腸内洗浄という方法があります。宿便を腸内洗浄するには、普通は医療機関で行うもので、検査のための内視鏡などをする前に、腸内の内容物を取り除いて検査しやすくするために行われます。また、腸の病気や寝たきりの人で、自力では排便できない人にも施されます。宿便の解消や美容のために腸内洗浄を行っている医療機関も、一部あります。腸内洗浄は、肛門に管を通し、ひと肌くらいのぬる...

宿便の薬は便秘がちの人、何日も前の宿便がお腹に溜まった状態が続き、お腹の張りや痛みを感じて辛い人にとっては救世主に思えてしまいますね。この辛い状態を一刻も早く改善するために、便秘薬や、漢方、浣腸、下剤、便秘に効くとされるセンナ茶などが手放せない人もいるかもしれません。中には、便秘薬を飲まなければ便が出ないという人もいるほどです。また、最近はダイエットのひとつとして、薬やお茶、サプリメントを利用して...

便秘の人は、ぽっこりと出たお腹を改善したい、宿便を下剤で出して体重を減らしたいと思うことがあるかもしれません。また、最近は便秘ではなくとも、宿便を出して体重を減らすというダイエットを行っている人もいます。宿便を解消してダイエットするためには便秘薬やお茶、サプリメントが使われることが多いですが、これらは腸を刺激して無理に便を排出させるための下剤です。宿便や便秘、ダイエットのために下剤を簡単に使うこと...

便秘解消法は人それぞれですが、解消した人はどのように意識しているか、自分との違いは何か、自分にはどんなことが足りないのか、を意識しながら読んでみてください。私は30代になるまでは、便秘とは無縁の体で、どちらかと言えば、お腹を良く下す方でした。しかし加齢に伴い生活が変わるにつれて、便秘になっていきました。それでは体に良くないと思ったので、人から話を聞き、自分で調べるなどして以下の方法を試すことにしま...

ビオフェルミン便秘薬は11歳から、「新ビオフェルミンS」は生後3か月から服用できます。便秘の改善に薬には強い副作用もあるため、服用には注意が必要ですが、比較的安心して飲める便秘薬が「ビオフェルミン便秘薬」です。テレビCMでもよく見かける有名な薬ですね。ビオフェルミンは下剤ではなく、整腸剤という位置付けの薬です。ビオフェルミン便秘薬の成分はピコスルファートナトリウム水和物、ビフィズス菌、乳酸菌の一種...

なぜ妊娠中 便秘しやすくなるのでしょうか。これまで便秘に無縁だった人でも、妊娠すると便秘に悩まされるようになったということは多くあります。つわりや貧血、むくみなどと並んで、便秘は多くの妊婦を悩ませており、宿便も溜まってしまって、産科で便秘薬を処方される人も多くいます。ひとつはホルモンバランスの乱れが考えられます。妊娠中は女性ホルモンのひとつである「黄体ホルモン」が多く分泌されます。このホルモンの影...

産後も便秘になりやすく、妊娠、出産は女性の体に多くの影響を与えます。便通も、妊娠、出産に影響されやすいもののひとつです。妊娠中には多くの女性が便秘や宿便に悩まされていますが、出産後にも、便秘の悩みは尽きません。男性にはわからないこの気持ち、どうにかしたいですよね。原因のひとつとしては、痔(じ)です。実は、自然分娩をした人の多くが産後、痔に悩まされています。出産の際に強くいきんだことや、出産によって...

小さな子供、生まれたばかりの赤ちゃんなど幼児も便秘はあります。便秘は大人だけでの問題ではありません。生まれたばかりの新生児は母乳やミルクから栄養を摂っており、便は大人に比べるととても柔らかく水分を多く含んでおり、水分不足には陥りにくくなっています。しかし便を出すための筋力が少ないため、便秘を起こす赤ちゃんもいます。新生児は基本的1日1回以上排便があるのが普通です。1日以上排便がない場合は便秘と判断...

精神的なストレスで便秘になるのはなぜでしょう。ストレスを感じると、下痢になったり、胃が痛くなったりする人も多いはずですが、便秘になることもあります。便秘の原因にはいろいろなものがあります。食生活の乱れや運動不足、水分不足などが考えられますが、大きな原因のひとつとしてストレスも考えられます。ストレスによって精神が不安定になると、自律神経のバランスが崩れ、正常に働かなくなります。。自律神経とは、心臓を...