MENU
【スポンサーリンク】

バリウムは便秘になりやすい

バリウムで便秘になって困る人は結構いますね。

 

胃の検査をするためにバリウムを飲むことがあります。
そして、バリウムを飲んだ後は医師から水分を多く摂るように指示され、下剤を処方されることもあります。

 

バリウムはお腹の中で固まりやすく、バリウムによって便秘になることもあるのです。
場合によっては腸が詰まる腸閉塞になることもあります。

 

普通バリウムは、午前中に飲んだとすればその日の午後か、遅くても翌朝には便として排出されます。
腸が普通に動いていて、水分さえしっかり摂っていれば心配することはありません。
半日から一日で、バリウムを含む便が排出されるでしょう。

 

ただし、水分が不足している場合や、腸の動きが悪く排便までに時間がかかる場合には、
バリウムが体内で固まってしまうことがあります。
バリウムには粘着剤が含まれているため、腸にひっかかりやすく、排出されにくいのです。

 

バリウムを体内で固めないようにするために、水分は十分に摂りましょう。

 

1日に必要な水分1〜2リットル以上の水分を摂るよう心がけますが、検査後はすぐに、
最低500ml以上の水を飲んでください。

 

冷たい水よりも、常温水や白湯は飲みやすいです。

 

この日に限っては、白い便がでるまで、色のついた飲み物や炭酸水アルコールも避けましょう。

検査の数日前から腸の環境を整えておく

腸の動きを活発にするために、腸内環境を整えておくことも大切です。

 

バリウムを飲む数日前から、乳酸菌やビフィズス菌を多く含むヨーグルトなどとともに、
菌を活性化させるオリゴ糖摂っておくことで、腸内環境を清潔にしておくことができます。

 

バリウムを飲む前後は、アルコールを飲むのは控えましょう。
アルコールはバリウムを固めてしまう作用があります。

 

また、アルコールはもちろん、お茶やコーヒーには利尿作用があり、
体内の水分を排出してしまうため、バリウムを飲む前後は控えておくほうがいいでしょう。

 

このように、腸内環境を整え、水分をしっかり補給しているにも関わらず、
翌朝になってもバリウムが出てこない場合は、我慢せず処方されている下剤を飲みましょう。

 

通常の便秘を改善するために日常的に下剤に頼るのは好ましくありませんが、バリウムを飲んだ時は特別です。

 

体内でバリウムが固まってしまうのを防ぐためにも、できるだけ早く排出しなければなりません。
どうしてもバリウムが排出されないなら、早めに検査を担当した医師に相談しましょう。

 

バリウムが便として排出された場合、便の色が白くなるのですぐにわかります。
便の色を見て、バリウムがきちんと出ているかどうか確認しておきましょう。

【スポンサーリンク】

関連ページ

便秘解消どっさりマジックで宿便もキレイに。
どっさりマジックは便秘と宿便解消にどう効果があるのかについて。
コントレックスは便秘にどう良いの?
ミネラルウォーターの中で便秘に効くというコントレックスが効く理由について。
コーヒーが便秘に効く人効かない人について
コーヒーを飲むと便秘に効く。便秘になるという意見が分かれる原因について。
便秘は牛乳を温めて飲む方が良い。
便秘の解消に冷たい牛乳を飲むのではなく、温めて飲むことについて。
豆乳は便秘と宿便解消に効果があります。
豆乳は便秘や宿便の改善にどう良いのか。無調整豆乳・調整豆乳・豆乳飲料の違いについて。飲みにくさと飲みやすさの違いについて。栄養成分の違いについて。ムリなく長く飲み続ける方法。
神仙桑抹茶ゴールドは便秘と宿便解消に効くお茶
カラダに優しいお茶で便秘や宿便を根本から改善する神仙桑抹茶ゴールドについて。
キャンドルブッシュ配合成分のお茶の危険性
キャンドルブッシュは人にとって、何がどう、どのくらい危険性があるのかについて。
便秘に即効で効くものってなに?
便秘に即効で効く薬や食べ物、飲み物について。
酵素で便秘と宿便を解消したい。
酵素の力で便秘はなぜ改善できるのか?