MENU
【スポンサーリンク】

オリーブオイルの種類と飲むタイミング

オリーブオイルといっても種類がいろいろあります。
どのオリーブオイルが便秘と宿便に効果があるのか、飲むタイミングはいつなのか、
詳しくご説明します。

 

オリーブオイルは自然界の下剤と言われています。

 

下剤のような即効性はないものの、
毎日大さじ2杯のエキストラバージンオリーブオイルを続けて飲むことで、早ければ数日、
遅くとも2週間程度で効果が表れると言います。

 

飲むタイミングは寝る前か、腸の動きが活発になる朝に飲むのが最も効果的です。

 

イタリア料理などに使われるオリーブオイルは、
最近では日本の家庭でもよく使われる一般的なものになりました。

 

オリーブオイルは健康に良いと言われており、
料理に使うだけではなく、健康のためにそのまま飲む人もいるほどで、実は便秘にも効果があるのです。

 

便秘に悩む人が毎朝、大さじ1〜2杯のオリーブオイルを摂り続けたところ、2週間で
90%以上の人の便秘が改善されたという実験結果があります。

 

便秘を改善するために薬を服用している人も多いですが、
健康にも良いオリーブオイルを毎日飲むことで便秘が改善されるなら、
副作用の心配もなく、安心して続けられそうですね。

 

ですがもし、宿便や便秘解消の他に、ダイエットも同時に叶えたいのであれば、
選ぶべきオイルはオリーブオイルではなく、エキストラヴァージンココナッツオイルです。
ココナッツオイルを摂取すると、すぐにエネルギーに変わる燃焼効果があり、
身体に蓄積された脂肪も一緒に吸収して排出されるのでダイエットオイルとして大人気なのですが、
お通じもオリーブオイル同様スルスルーッなのです。
エキストラヴァージンココナッツオイル ミンダオ ココナッツオイル
(パッケージリニューアル前とリニューアル後に、まとめ買いしたもの)
ココナッツオイルの中でもこれは高品質で、とても香りもよく重宝しています。
温かいと液体になり、寒くなると白くキレイに固まるのが特徴で、酸化しにくく熱に強いオイルです。

オリーブオイルが便秘に効果があるのはどうして?

なぜ、オリーブオイルは便秘に効果的なのでしょうか。
オリーブオイルには食物繊維が含まれており、
腸を刺激したり、便に水分を含ませ柔らかくしたり、便の容積を増したりして排便を促します。

 

オリーブオイルに含まれる、オレイン酸という成分にも注目です。

 

オレイン酸はコレステロールを下げる効果があり、生活習慣病の予防に効果的であるのに加え、
胃酸の分泌を調整したり、腸内に届いて便の滑りをを滑らかにする効果があります。

 

また、オレイン酸には悪玉菌の増加を抑え、善玉菌を優位に保つ働きもあります。

 

腸内の善玉菌を保つだけではなく、悪玉コレステロールを減らす働きもするので、
体に良い影響を与えます。
ガン予防や動脈硬化の予防にも効果的だと言われています。

 

ただ、胆石のある人はオリーブオイルを摂取してはいけないと言われていて
高血圧や高血糖の治療のために毎日薬を飲まれている方は
摂取に関して注意が必要となっていますので、まずは担当医にご確認してから始めましょう。

オリーブオイルの鮮度と使い方

オリーブオイルは、
腸内環境を整えつつ、便を柔らかくし、さらに腸の滑りをよくして、排便を助けるのです。

 

オリーブオイルの中でも、オリーブの実だけから抽出されるものをバージンオイルと言います。

 

化学薬品や、加熱処理を施していない、純粋なオリーブオイルです。

 

その中でも酸度が1%以下で、かつ風味が良いものをエクストラバージンオイル言います。
栄養価も高く、食物繊維も豊富に含まれています。

 

一方ピュアオイルは、直接摂取することに向いていないバージンオイルを精製したものと、
直接摂取できるバージンオイルをブレンドしたものです。

 

オリーブの香りを楽しむ、のまま飲む、非加熱で使いたい場合は
ピュアオイルよりエクストラバージンオイルが向いています。

 

ピュアオイルは、揚げ物や炒め油として使われることが多いオイルです。

 

オリーブオイルは、様々な使い方ができるのも魅力です。
そのまま飲むのが一番ですが、抵抗がある場合はドレッシングとして野菜にかけたり、
バターの代わりにパンにつけると毎朝無理なく食べられそうです。

 

また、オリーブオイルはパスタなどの炒め油としてもよく使う、万能なものです。
普通、油は加熱すると加水分解を起こし、酸化しますが、
オリーブオイルは180℃程度の加熱でも、長時間でなければ酸化しません。

 

なので、様々な料理にオリーブオイルを取り入れて、毎日摂り続けやすいですね。

オリーブオイルの酸化と賞味期限について

オリーブオイルは開封後、口をキレイにふき取って清潔に、冷暗所に保存すれば
1年〜2年はもつと言われています。

 

とはいうものの、食用でそのまま飲むには、そんなに長い期間大丈夫?

 

と心配だという人は、「エキストラバージンオリーブオイルの香りが飛んだ」かも?という段階で、
加熱調理用に使ってしまえば不安は解消します。

 

もしくは、エキストラバージンオリーブオイルでも、
配合量が少なく売っているサイズのものを選び、新鮮度のあるオリーブオイルを
飲めば抵抗感も少ないのではないかと思います。

 

エキストラバージンオリーブオイル

 

ただ、オリーブオイルは油なので、カロリーがあります。
摂りすぎはカロリーオーバーになってしまうので、注意しましょう。

 

便秘解消には1日に大さじ2杯で十分な効果が期待できるので、
適量を守って毎日続けてみましょう。

 

やはりカロリーが気になるのであれば、
エキストラヴァージンココナッツオイルをチョイスしたほうがいいかもしれません。
酸化しにくいオイルで、炒めものや揚げ物にも向き、トーストのバター代わりにも。

 

トランス脂肪酸ゼロで、脂肪が蓄積されないダイエットオイル&宿便解消と一石二鳥。
私は料理方法によって楽しく使い分けていますよ。

【スポンサーリンク】

関連ページ

糖質制限で便秘にならない食ベ物
糖質制限で便秘にならない食ベ物について紹介しています。
はちみつVSマヌカハニー便秘解消にはどっち?
マヌカハニーとはちみつ、便秘のために食べるならどちらがいいか?違いについて。
カイテキオリゴは便秘と宿便の解消に効く。
便秘と宿便を根本から治すために体に優しいカイテキオリゴがなぜ効くのか。何がどう良いのか。飲み続けてよいのかなど、詳しく説明しています。
過敏性腸症候群やガスの悩みは善玉菌のチカラ!
宿便と便秘のほかに過敏性腸症候群やガスの悩みもある場合、善玉菌のチカラが役に立ちます。
旅行の便秘サプリメント
海外旅行で便秘にならずにすんだサプリメントの口コミ効果について。旅行中はなぜ便秘になるのかについて。
チョコレートは便秘と宿便にいいの?
チョコレートは宿便と便秘にどう良いのでしょうか。 食べる量や種類と食べ方について紹介。
さつまいもは便秘解消とダイエットや美肌にも効果あり!
さつまいもは便秘と宿便解消に効果があるのは知られていますが、ダイエットや美肌にも良いです。逆にさつまいもで便秘になる人は何が足りない?1日に食べる量の目安や、干しイモはどうなのかについても詳しくまとめてみました。
納豆は便秘や美肌、血栓予防にも良い!
納豆は宿便や便秘の解消に良く、美肌作りや血栓予防など嬉しい効果がたくさんあります。
こんにゃくで便秘と宿便を解消と注意点。
こんにゃくは宿便と便秘を解消する食べ物ですが、注意点もあります。
寒天で便秘になる人。ここを見直し!
寒天は宿便と便秘を解消する良い食べ物ですが、食べ方によって逆に便秘になる場合があります。
オールブランで便秘と宿便を解消
オールブランで宿便と便秘を解消するための美味しい食べ方、注意点について。
ビフィーナ森下仁丹のビフィズス菌は50億個!
腸内環境を整えるためにビフィズス菌をたっくさん摂りたいと思っている人にはコレです。
フルグラが品薄と売り切れでも買える方法
カルビーのフルーツグラノーラが品薄になったり、売り切れに左右されることなく購入する方法について。