MENU
【スポンサーリンク】

宿便と便秘に良い食事とは

辛い便秘はすぐにでも改善したいものですね。
下剤に頼らなければ便が出ないという頑固な便秘体質の人も多くいますが、
できれば日常の食生活から改善し、腸の環境から整えたいものです。

 

便秘に良い食べ物は、やはり食物繊維が多く含まれている食べ物です。
食物繊維が便通に効果的なのはよく知られていますが、この食物繊維とはどのようなものなのか、
知っていますか。

 

野菜や果物、海藻類、穀物や豆類に多く含まれているというのは何となく知られていますが、
実は食物繊維にも種類があり、違った働きをします。

 

食物繊維は腸に届くまで分解、吸収されることなく、
腸内で有害物質を分解したり、腸の掃除をしたりする働きがあります。

 

この食物繊維は、水溶性食物繊維と非水溶性食物繊維に分かれ、働きも異なっています。

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維は、水に溶け、食物の水分を抱えてゼリー状にします。
腸内で、体に有害な物質の吸収を妨げたり、それを便として排出させる働きがあります。
腸内の菌の環境を整える働きをするのです。

 

便も、水分をしっかり含んだ排出しやすいものになります。
水溶性食物繊維には、ペクチン、ヘミセルロース、ガム質などがあります。
リンゴやミカンなどの果物やイモなどの野菜にはペクチンが含まれています。

 

こんぶやわかめのような海藻類には、ヘミセルロースが含まれており、
ガム質は大豆や海藻類に含まれています。

 

腸の動きが不規則で、便秘と下痢を繰り返してしまう人は、
腸内の環境を整える必要があるので、この水溶性食物繊維を積極的に摂りましょう。

非水溶性食物繊維

非水溶性食物繊維は、水に溶けず、水分を含みながら膨れていく食物繊維です。
このため、腸の壁に当たって腸を直接刺激することができます。

 

腸を刺激することによって、便を運ぶ蠕動(ぜんどう)運動が促されます。
また、腸の隅々の便を掃除しながら便として排出してくれる働きもあります。
便の体積を増やして腸を刺激したい人は非水溶性食物繊維が有効です。

 

非水溶性食物繊維にはセルロース、リグニンなどがあります。
ごぼうや小麦ふすま、穀類にはセルロースが含まれており、
また、穀類のほかに完熟野菜にはリグニンが含まれています。

 

便の回数が少なく、お腹があまり動かない人は、
腸を刺激する非水溶性食物繊維を積極的に摂りましょう。

 

このように、便秘のタイプによっても有効な食べ物が少し違ってきます。

 

海藻や果物に多く含まれる水溶性食物繊維と、
穀類や豆に多く含まれる非水溶性食物繊維をうまく食べ分けて、
自分にぴったりの食物繊維を摂れるようにしましょう。

【スポンサーリンク】

宿便と便秘に良い食べ物を教えます!記事一覧

糖質制限で便秘になりやすくなるのは、主食をカットすることで、食物繊維不足、水分不足、減らしたストレスが原因の大半を占めているからかもしれません。体重によって多少の前後はあるようですが、主食の1日摂取量を130g以内に抑えると、糖新生を起こせる糖質制限ができますが食べる主食の種類で便秘を避けることが可能です。ひとまず、糖新生(とうしんせい)とは、血液中にあるブドウ糖の量が減ったとき、エネルギー源とし...

はちみつが便秘解消に良いと言われるのは、整腸作用があるから。では、はちみつとマヌカハニーどっちを食べるべきか、一度は悩みますよね。腸は第一の脳ともいい、じつは脳よりも大切なところなのです。人生を決めるのは腸が9割で脳が1割というほど。大切な腸を元気にするために、まず、違いを確認してみてください。マヌカハニーとはちみつ、違いは抗菌力、殺菌力にあります。要点をまとめますと、ふつうの蜂蜜よりもマヌカハニ...

カイテキオリゴは便秘と宿便を解消しやすい体質にしてくれます。便秘を根本的に解消したいなら、腸内環境を整えなければなりません。下剤などで一時的に便が出ても、腸内の状態が改善されなければ、便秘を繰り返すことになってしまいます。カイテキオリゴは天然の成分を原料とした、高純度のオリゴ糖食品なので、小さな赤ちゃんに食べさせても心配ないものです。 実は私も前から飲んでいて、すでに1年が過ぎていますが、右の写真...

過敏性腸症候群はガス溜まりといった不調が起こるもので小腸や大腸に炎症や腫瘍がないにも関わらず、便秘や下痢に悩まされる病気です。お腹に関する悩みは便秘だけではありません。下痢をしやすい、または、便秘と下痢を繰り返してしまうという人も少なくないのではないでしょうか。また、おならが出やすい、おならの臭いが気になる、ガスがお腹に溜まりやすく、お腹が張って苦しくなり腹痛を起こすといった症状に悩んでいる人もい...

旅行で便秘に悩まされるという人は多いと思います。旅行中は一度もせずに帰ってくる、という人も少なくありませんね。せっかくの楽しい旅行なのに、下腹がパンパンだったり、残便感があったりと、どうしても宿便が溜まってしまいがちです。旅行中は普段以上に、美味しいものを食べる機会でもあるのに、便秘のせいで、下腹がポッコリして、食欲も落ち、あんまり食べられない。という人も中にはいるでしょう。私もその一人で、今回の...

また、意外かもしれませんが、チョコレートにも食物繊維が含まれており、排便を促すのに効果があるとされています。チョコレートが便秘や宿便にどういいのか、ご説明します。チョコレートの原料のカカオには、豊富な食物繊維が含まれています。そこで、カカオが多く含まれてるようなチョコレートを食べると、便通にも効果が期待できます。最近は、カカオが50%以上含まれているチョコレートが市販されていますね。また、チョコレ...

オリーブオイルといっても種類がいろいろあります。どのオリーブオイルが便秘と宿便に効果があるのか、飲むタイミングはいつなのか、詳しくご説明します。オリーブオイルは自然界の下剤と言われています。下剤のような即効性はないものの、毎日大さじ2杯のエキストラバージンオリーブオイルを続けて飲むことで、早ければ数日、遅くとも2週間程度で効果が表れると言います。飲むタイミングは寝る前か、腸の動きが活発になる朝に飲...

さつまいもが便秘に良いということは、昔から言われていますね。なぜなら、さつまいもには多くの食物繊維が含まれているからです。さつまいも以外にも、イモやゴボウなどの根菜類には多くの食物繊維が含まれているため、お通じのために多く食べられるよう日頃から気を付けている人も多いでしょう。事実、さつまいもを毎日食べるようになって便秘が解消されたというケースがとても多いです。食物繊維やビタミンC、ビタミンE、βカ...

納豆は便秘や宿便を改善するために食生活の改善に取り入れるべき食材の1つです。便通をよくするための食生活の見直しは重要で、食物繊維を多く含んでいることや、水分がしっかり摂れること、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を改善することなどが求められます。実はこの3つの条件を全て満たす食材が納豆です。まず、納豆の原料である大豆には、食物繊維が多く含まれています。大豆に含まれるのは不溶性食物繊維で、腸内で水分を含...

こんにゃくは便秘やダイエットに良いと言われています。低カロリーで満腹感も得られるため、ダイエットに効果的とされていますが、なぜ便秘にも効果があるのでしょうか。こんにゃくが便秘に効果があると言われているのは、こんにゃくに食物繊維が多く含まれているからです。こんにゃくの食物繊維は腸まで消化されず届くため、腸の掃除をしたり、腸の体積を増やすため、便秘に効果があるとされています。食物繊維は野菜やこんにゃく...

寒天は便秘と宿便のお掃除に良い食べ物ですが、なぜか寒天で便秘になるという人がいます。その理由にせまりましたので、食べ方の見直しをしてみましょう。寒天はノンカロリーで、食べると満腹感も得られるため、昔からダイエット食品として人気です。そして、実は寒天は、便秘解消にも効果があるのです。寒天の原料は、テングサなどの海藻で、海藻類の粘液を凍らせ、それを乾燥させて粉状や板状、棒状にしたものが寒天です。寒天は...

オールブランは便秘と宿便に効果を発揮してくれる食べ物の1つです。便秘に効果があると言われている食べ物はいろいろとありますが、「オールブラン」というシリアルは特に、頑固な便秘に効くと定評があります。スーパーやドラッグストアなどで手に入るシリアルで、普通のシリアルに比べて圧倒的に食物繊維の含有量が多いのが特徴です。オールブランには、1食40gあたり、12.9gの食物繊維が含まれています。これは1日に必...

「ビフィーナ」シリーズは、より効果的にビフィズス菌を補給したい人におすすめです。医薬品や医療品で有名な森下仁丹が開発したカプセルタイプのビフィズス菌です。実は、ビフィズス菌は酸にとても弱く、普通に摂取したのでは、腸に届くまでに胃酸などによって破壊され、死菌となってしまうことがほとんどです。いくらビフィズス菌を摂取しても、生きたまま腸に届かなければ意味がありません。そこで、ビフィーナは特殊なカプセル...

フルグラの売り切れや品薄が続き、困っている人が増えていますね。フルグラは食物繊維が豊富で宿便や便秘の解消に役にたつ食品なので品切れの時期は、ホントいつまで続くのかと、ちょっとイライラしてしまいました(苦笑)この原因は、簡単に言ってしまうと、中国人の旅行客が日本のあらゆるお店で爆買いしていることと日本から中国への転売が増加していることで、どうやらしわ寄せがきているようです。たまにニュースなどで、化粧...