MENU
【スポンサーリンク】

便秘の吐き気は応急処置も考える

便秘で吐き気がしたことはありますか?

 

便秘がひどくなると、吐き気を催すことがあります。
便秘と一緒に吐き気が起こる場合は、便秘が悪化している可能性があるので、
腸内の便秘を排出できるように早目に対処する必要があります。

 

便秘と吐き気は、どのように関係しているのでしょう。
便秘によって何日も便が出ていない状態では、便やガスが溜まって、
腸内は内容物でいっぱいの状態になっています。

 

そこにさらに飲食をすると、その内容物を腸内に下げることができず、胃の中から行き場を失ってしまうのです。
その結果、吐き気が起こります。
症状が重い場合は、おう吐してしまうこともあります。

 

また、女性の場合、生理前や生理中に便秘と吐き気を併発することがあります。
これは、ホルモンが大きく影響しています。
生理前には黄体ホルモン(プロゲステロン)の働きが強くなることで、
腸の動きが悪くなり、便秘になりやすくなります。

 

便秘によって内容物が腸内に留まることによって吐き気を催したり、
また、腸内に留まった便の老廃物や毒素が腸壁から血液に吸収され、
体を巡ることによって体に不調を来すと考えられます。

 

妊婦の場合も、この黄体ホルモンが多く分泌されるため、便秘になりやすくなります。
実際便秘に悩む妊婦は多く、産科で便秘薬を処方される人もいます。

 

便秘による吐き気と、つわりによる吐き気が重なると辛いものです。

 

便秘を解消して、少しでも吐き気を抑えたいですね。
妊娠中に自己判断で下剤を服用すると、子宮も収縮させ、流産や早産を招く恐れがあります。

 

薬を飲む際は、主治医に相談しましょう。
妊娠中はホルモンの働きのほかにも、水分不足による便秘になりやすいので、
普段より多めの水分補給を心がけましょう。

 

吐き気を伴う便秘の場合は、症状が悪化した状態であると考えられます。

 

応急的に薬を服用したり、浣腸や腸内洗浄で一度溜まった便を全て出してしまうのが一つの方法ですが、
これらの方法には副作用もあり、
繰り返すと腸内環境をかえって悪化させてしまうので、十分注意しましょう。

 

これらの方法は医師に相談の上で試すのがいいでしょう。

 

腹部のマッサージやツボ押しは、自分で気軽にでき、
即効性も期待できるので、腸の便を早く排出したい場合は試してみるといいでしょう。

 

特に女性は体のリズムやホルモンによって、腸の動きが左右されてしまいます。
ホルモンのバランスが崩れたとしても、普段から腸内環境を良くすることで、
便秘になりにくい体を作ることができます。

 

食物繊維や、善玉菌と併せてオリゴ糖を摂ることで、腸内環境を整えておきましょう。

【スポンサーリンク】

関連ページ

便秘の漢方といえば?
便秘や宿便によいといわれる漢方にはどんなものがあるかについて。
便秘を治すには便秘の種類を知る
便秘を治すために、どんな便秘の種類があるのか、自分はどのタイプの便秘なのかを知る。
便秘でむくみはなぜおきるのか?
宿便や便秘が原因で、どうしてむくみが起きるのか?について。
便秘の肌荒れ、どう治す?
宿便や便秘でどうして肌が荒れるのか、どう治すかについて。
便通を良くするために工夫することとは?
宿便や便秘の基本として便通が悪くなるのはなぜか、工夫すべきことは何かについて。