MENU
【スポンサーリンク】

便秘は病気になるキッカケです。

便秘は病気にならないと軽く考えていませんか。

 

便秘によって起きる体の不調は、腹痛や不快感、肌荒れや吐き気だけではありません。
便秘を放置していると、様々な病気を引き起こす場合があり、中には命に関わる病気もあります。
いつものことだからと、便秘や宿便を軽く見るべきではありません。

 

便秘によって便が腸内に長い時間溜まっていると、腸内の悪玉菌が繁殖し、便が腐敗してしまいます。
腐敗した便からはガスや毒素が発生し、その毒素は腸壁から吸収され、血液に含まれて全身を巡ってしまうのです。

 

このように、腸内に便が残り、有毒な物質が長時間留まることによって、アレルギーが起こることがあります。
アレルギーは免疫システムが崩れることによって起こると考えられており、近年患者が増えています。

 

現在は研究段階ですが、実は腸内の細菌は免疫に深く関わっていると言われています。

 

腸内環境は、アレルギーと大いに関係している可能性があるのです。
便秘が続くと腸内の細菌のバランスが崩れ、善玉菌は減り、悪玉菌が増えます。
善玉菌を増やして腸内環境を整えることで、免疫のシステムが安定するという仮説があります。

大腸がんの危険性

便秘により腸内の環境が悪化することで、大腸がんになる危険性もあります。
便が長時間腸内に留まって有害物質を出すことで、大腸がんの発生を促してしまうのです。

 

そもそも、大腸がんはかつては日本人には少なく、欧米人に多いがんでした。

 

しかし近年の食の欧米化によって、日本人でも大腸がんになりやすい体質になったのです。

 

動物性の食べ物は腸の悪玉菌を増やしやすいことが分かっています。
肉や魚はもちろんですが、牛乳やバター、卵も動物性の食べ物です。

 

これらを多く使う洋風の食事が、日本人の腸内環境に変化を与えていると考えられます。

 

だからといって、それらを食べないようにすることなど不可能ですから、
野菜や、タンパク質なら大豆など、植物性の食べ物も積極的に食べて、善玉菌を増やしやすい環境にしましょう。
ということです。

痔になりやすい

また、便秘の人は痔にもなりやすいので注意が必要です。
便が硬い場合や、強くいきまないと便が出にくい場合は、肛門の周辺が傷つきやすくなっています。

 

また、痔になってしまうと、毎回、冷や汗をかくほどの痛みで便が出にくくなりますし、毎回の痛みに恐怖心を覚え、
さらに便秘を招くことになり、悪循環になります。

 

 

痔は市販薬でも治療できるので、早目に対処しましょう。
痔にならないためには、便が硬くなりすぎないよう水分補給を十分にしたり、
水溶性の食物繊維を摂って便を柔らかくしておくといいでしょう。

 

便が長い間腸に残っているということは、毒素や老廃物がずっと体内に残っている状態です。
重篤な病気を起こす前に、腸内の環境を正常化しましょう。

【スポンサーリンク】

便秘の病気で怖いのは大腸がん記事一覧

宿便や便秘の漢方には何があるのでしょうか。便秘の解消に即効性を求めて下剤を飲むと、腹痛や下痢などの副作用に悩まされることがあります。そこで、副作用の心配が少ない、このような漢方(自然生薬)を服用してみるのも一つの方法です。漢方は下剤のような即効性はなく、ゆっくりと効いていくため、効果を実感するのに時間がかかることがありますが、身体の状態を整えながら、徐々に効果が表れてきます。漢方の考え方では、便秘...

便秘を治すにはまず、どんな便秘の種類があるかを知り、自分の便秘タイプを知っておく必要があります。便秘や宿便は腹痛や膨満感など不快な症状を起こすたけではなく、放置しておくと様々な病気の原因にもなるものです。1日1回は排便があることが理想の状態です。食べたものが消化され、排便されるまでの時間は24時間が目安となるからです。腸に便が長くとどまると、水分が減っていき、硬い便になってしまい、排便されにくくな...

便秘とむくみ、両方の悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。慢性的なむくみに悩んでいる女性は多いですね。実は、便秘がむくみの原因となっている場合があります。便秘とむくみはどのような関係があるのでしょう。便には、食べ物のカスだけではなく、老廃物や毒素、細菌の死骸や、腸内の細胞の剥がれたものなど、様々なものが混ざっていて、便は老廃物や毒素の塊なのです。なので便は長時間溜めず、1〜2日以内に排泄す...

便秘の肌荒れはニキビの原因になると言われています。実際、便秘がちな人で肌荒れに悩む人は多いと言います。また、便秘体質ではないものの、環境の変化などから便秘になり、同時に肌荒れを起こす人もいます。なぜ便がお腹に溜まることで、肌荒れや吹き出物が起こるのでしょう。便は食べ物のカスの他に、有毒な物質やガス、腸壁などから剥がれ落ちた老廃物などが含まれています。そしてこれらを適切なサイクルで排便することにより...

便秘で吐き気がしたことはありますか?便秘がひどくなると、吐き気を催すことがあります。便秘と一緒に吐き気が起こる場合は、便秘が悪化している可能性があるので、腸内の便秘を排出できるように早目に対処する必要があります。便秘と吐き気は、どのように関係しているのでしょう。便秘によって何日も便が出ていない状態では、便やガスが溜まって、腸内は内容物でいっぱいの状態になっています。そこにさらに飲食をすると、その内...

便通を良くする前に、そもそも、便通はなぜ悪くなってしまうのでしょう。辛い便秘や、健康を害する危険性がある宿便。便通をよくして改善したいものです。それには消化、吸収の機能が関係しています。私たちが食べたものは、体の中をどのように巡っているのでしょうか。まず、食べ物を口の中にいれ咀嚼(そしゃく)しているとき、唾液がたくさん出ます。唾液の中にはアミラーゼという消化酵素が存在し、食べ物を予備消化します。よ...